切り屑にも形状があるんです!

 鉋や鑿、ドリルなどの切削工具で被加工材に切り込むと、切り屑が生じます。
この切り屑は、被加工材の材質によって異なる状態になります。
これによって、切削工具の切削状態が分かるのです。

 切り屑をスムーズに連続して生じさせることができる「流れ型」ならば、加工面も美しく仕上がります。
一方、柔らかな材料や変形しやすい材料の場合は、切り屑にくびれが生じる「せん断形」や、被加工材の表面が押しつぶされ、盛り上がった部分から切り取られる「むしれ型」などになる場合もあります。
また、脆い材料の場合は、被加工材と切り屑に亀裂が生じる「亀裂型」を引き起こす可能性もあります。

 切削処理に失敗する主な原因としては、切削工具の刃先が手入れされていないということが挙げられます。
特に、刃先にこびりついた切り屑などを放っておくと、それ自体が刃先の役割を果たす「構成刃先」となり、切れ味も落ちます。
また、被加工材に適していない切削工具を使った場合も、やはり加工に問題が生じる可能性が高くなります。
つまり、切削工具は被加工材に適したものを使い、使用後は切り屑を落として手入れをしておく必要があるということです。

東京発条製作所「金型用強力ばね」は普通のばねとどう違う?

金型部品の中でも、より高品質のばねとして好評なのが、東京発条製作所が製造している「金型用強力ばね」です。

この製品が、どうして普通のばねと違うかと言えば、その性能が優れている数々の特徴を兼ね備えているからです。

実際に、工具での作業を行う際には、高い荷重に見合うばねが求められることも多々ありますが、こちらの会社のばねは、荷重に合わせたばねを選ぶことが可能な品揃えがあります。

また、こちらの会社では日本初の異形断面材料を用いたばねを製造することに成功しており、その優れた技術で生み出された規格から金型用強力ばねとなりました。

一般的な丸線コイルのばねに比べると、スペースがいらないので使用のしやすさも抜群であり、さらに、高い荷重が得られることもあり、安定した使い方を実現出来ます。

ばねを選ぶ際にも、色で区別して希望する荷重に合わせた選び方も出来るので、分かりやすいというメリットもあります。

こちらの会社では、ばねの使用回数と圧縮比の関係などの実験数値も公表をしているので、安心感があります。

優れた安定性のある金型用強力ばねを希望される場合には、まず、東京発条製作所のばねをお勧めします。

ハイトゲージをご存知ですか?

測定工具には、ハイトゲージと言われるものがあるのをご存知ですか。

この測定工具は、定盤と言われるハイトゲージやケガキ作業などの基準面となる大事な補助器具と一緒に用いられます。

工作物の高さを測定するために使いますが、平行線を精密にけがくためにも使われます。

測定に使用する際は、場合により、平行線を正確にダイヤルゲージを取り付けることも可能です。

基本的な構造は、スケールを垂直に立ててバーニヤとトースカンの針を取り付けたものですが、このバーニヤの目盛りの読み方はメモリの読み方はノギスと同じです。

また、ハイトゲージの種類として、目盛り部分がダイヤル付きになっているものやデジタル式のものがあります。

デジタル式は、より明確に数値を読み取る事が可能で、ダイヤル付のアナログ式は、本尺とバーニヤの縦線との合わせを正確に行う必要があるため神経を使う作業になるため、目が疲れることもあります。

正確な測定を行うことで、作業工程の効率化にもなります。

ハイトゲージを正確に使うためにも、重さでたわみそうな場合には、補助の足に楔等をいれて遊びをなくすように注意して設置を行うようにしましょう。

近年注目を集めている「ケミカル商品」って?

ノギスもマイクロメータもハイトゲージも、大きさを測定する機器という点では同じです。

これら3種の違いは、測定する対象にあります。
測定する対象物が異なるため、使用する場面や用途が変わってきます。

ノギスで測定できるのは、外径・内径・長さです。
部材の長さや、円柱の外径・内径などを定規より精度よく測定することができます。
最も基本的な測定機器と言えるでしょう。

マイクロメータで測定できるものはノギスとほぼ同様と言えます。
ノギスとマイクロメータの決定的な違いは、測定精度にあります。

はめあいなど、コンマ単位での調整が求められる場合、マイクロメータを用いたより精密な測定が必要となります。

ハイトゲージはその名の通り、部材の高さを測定するための道具です。
この機器に関しては、測定ではなく、測定した位置における平行線のけがきという機能がメインであると言えます。

板にネジ穴を開けたいときなどは、ハイトゲージを用いて目標位置に平行線のけがき作業を行う必要があります。

ノギスもマイクロメータもハイトゲージも測定機器ということでひとまとめにされていますが、目的や用途に応じて適切に使い分ける必要があります。

ダイヤモンドを工具に使うメリット・デメリット

ダイヤモンドから出来ている器具と言えば、家庭では刃物を研ぐやすりを思い浮かべる方も多いでしょう。

金型を仕上げる時にも用いられるのが、ダイヤモンドの工具ですが、表面を平らにして美しく仕上げることが出来るので非常に優れた工具として認められています。

削る材質によっても、ダイヤモンドの工具は変わって来るため、工具の種類も多くの商品があります。

技術革新により、工具はさらに削る材質によって使いやすくなるように進化を遂げていますが、ダイヤモンドパウダーから出来ているダイヤモンドやすりは、通常のやすりでは困難であるセラミックやガラスに用いられています。

ダイヤモンドの工具のメリットと言えば、何といっても耐久性と耐熱性があり、切れ味も特に良い点です。

硬いものほどけずりやすいですが、荒削りの段階では不向きというデメリットもあります。

さらに、無垢単結晶ダイヤモンドエンドミル工具は、価格が非常に高いものですし、鋭利な刃先であり欠けやすいというデメリットもあります。

ダイヤモンドの工具を選ぶ際には、削る材質から種類を選んで、用いる際にはデメリットもある点を意識して使い分ける必要があることを把握して下さい。

測定工具について

ノギスもマイクロメータもハイトゲージも、大きさを測定する機器という点では同じです。

これら3種の違いは、測定する対象にあります。
測定する対象物が異なるため、使用する場面や用途が変わってきます。

ノギスで測定できるのは、外径・内径・長さです。
部材の長さや、円柱の外径・内径などを定規より精度よく測定することができます。
最も基本的な測定機器と言えるでしょう。

マイクロメータで測定できるものはノギスとほぼ同様と言えます。
ノギスとマイクロメータの決定的な違いは、測定精度にあります。

はめあいなど、コンマ単位での調整が求められる場合、マイクロメータを用いたより精密な測定が必要となります。

ハイトゲージはその名の通り、部材の高さを測定するための道具です。
この機器に関しては、測定ではなく、測定した位置における平行線のけがきという機能がメインであると言えます。

板にネジ穴を開けたいときなどは、ハイトゲージを用いて目標位置に平行線のけがき作業を行う必要があります。

ノギスもマイクロメータもハイトゲージも測定機器ということでひとまとめにされていますが、目的や用途に応じて適切に使い分ける必要があります。

青ニスの役割とは

とても便利な道具でありながら、一般的にはあまり知られていない青ニスについてご紹介します。

青ニスとはケガキしたい時に使うものです。
ケガキとは紙面上に図を描くのと同様に、材料の上に図を描くことです。

青ニスは特に機械などの金属やガラスなどといった鉛筆やペンでは書けない場所に用いることができる塗料で、鮮やかな発色で材料とのコントラストがくっきりつくため、描いたところがはっきりと見やすい特長をもっています。

青ニスは液体状になっていて付属のブラシを使うタイプのものとスプレータイプのものがあり、用途によって使い分けができます。

使い方は金属など目的の材料の上に液体タイプなら刷毛で塗り、スプレータイプならばふりかけて乾いた後、印をつけたいところを塗膜をはがすようにして削って使います。

青ニスは速乾性に優れており、だいたいどの商品も、1分以内ととても乾きが速いものですから、作業の待ち時間が短縮できます。

そして作業が終わったら、専用の青ニス除去剤を使うことで簡単に拭き取れるようになっており、材料を痛めたりする心配もありません。

研磨作業はターボラップで

ターボラップは圧縮空気を動力源とする小型の研磨工具で、タービンモーター駆動しています。

マイクログラインダーとは違うモーター形式で、前後往復する工具になっています。

電動歯ブラシに近いような動きをしていて、金型の研磨をするための専用工具として使われています。

ターボラップは研磨工具ですが、バリ取りなどの想定外の作業に使用すると破損の危険性があります。

ターボラップは金型および精密部品のラッピング、ポリッシング、ホーニング、カービングなどが主な用途です。

その他にも歯科技工や貴金属装飾品などの研磨加工にも使われることがあります。
ターボラップはガタのないストローク機構で高トルクのエアターボ搭載なので、抜群の作業能率を発揮してくれます。

高効率ドライブですが発熱もなく、エアー調整により往復回転数を微妙にコントロールしています。

人間工学に基づく、ホールド感の良いソフトグリップが採用されているので持ちやすく、長時間使用していても疲れません。

スーパーコレットが採用されているので、さまざまな形状の先端工具に対応しています。

ELID研削法って何?

ELID研削法とは、正式には「電解インプロセスドレッシング研削法」と言います。

これは、理化学研究所の素形材工学研究室において開発された研削法で、マイクロ加工やナノ精度加工の基盤技術となる究極の鏡面研削技術として注目を集めています。

というのは、従来であれば鏡面加工の難しいとされる様々な素材(シリコン、セラミックス、ガラス、高硬度鋼材など)に対して、高効率・高精度の鏡面加工を実現することが可能であるからです。

この加工法では、鏡面加工を行うために、特別な砥石が工具として用いられます。

この工具は、ダイヤモンドなどの砥粒を焼結したメタルボンド砥石を、鋳鉄やコバルトなどを主成分とするボンド材に混ぜ込んだものです。

加工の際、この工具に電流を流すことによりボンド材料を少しずつ溶解させて除去します。
これにより、研磨力のある砥粒が常に現れている状態が保たれます。

このように、この加工方法においては、目立て(すなわちドレッシング)が自動的にかつ効果的に行われることになります。

研削加工中にこのドレッシングが常に行われることで、砥石の切れ味が保持され、効率的な鏡面研削が可能となります。

様々な用途に使えるツーリング ハイドロチャックって?

世の中にはたくさんの金属製の製品が出回っています。
これらを作るには切削工具が必要になります。

高速加工をすることで大量生産ができるようになり、品質の良い商品を安い値段で販売することができるため、人々の暮らしが良くなります。

特にホームセンターなどに足を運んで、店頭に陳列されている商品を見てみると、金属でできているものがたくさん見られます。

また、大型のスーパーマーケットなどでも、金属製の商品を取り扱っている場合があります。

鍋やフライパンなども金属でできているため、金属製の製品に含まれます。

また、切削工具は脱着が簡単なものだと、使い勝手が良いとされています。
先端の部分を付け替えて、用途に応じて使い分けるためです。

そうすることで様々な型を交換することが可能になります。
そして、作業の能率も上がることから、金属製の製品をたくさん供給することができます。

そして、新商品の開発の際にも脱着が簡単な切削工具が役に立ちます。
様々な型を使うことができるため、高速加工を実現し、より便利な金属製品を開発する企業が増えています。